コンテンツ一覧

BTC モーニングレポート – 2024.3.5

先週末の暗号資産市場はビットコインが堅調地合いで推移となっています。大きな動きにはなっていないものの、米株の堅調地合いや米国債利回りの低下とそれに伴うドルインデックスの低下などを背景にしっかりとした動きが展開されています。ただ、直近高値を更新する動きにはまだなっておらず、目先はレンジ圏での動きが意識されています。半減期が迫る中で上値を拡大することが出来るかどうかに注目が集まるところです。また、BTC/JPYもしっかりとした動きが展開されています。

BTC モーニングレポート – 2024.3.4

先週末の暗号資産市場はビットコインが堅調地合いで推移となっています。大きな動きにはなっていないものの、米株の堅調地合いや米国債利回りの低下とそれに伴うドルインデックスの低下などを背景にしっかりとした動きが展開されています。ただ、直近高値を更新する動きにはまだなっておらず、目先はレンジ圏での動きが意識されています。半減期が迫る中で上値を拡大することが出来るかどうかに注目が集まるところです。また、BTC/JPYもしっかりとした動きが展開されています。

BTC モーニングレポート – 2024.3.1

昨日の暗号資産市場はビットコインが上昇しての推移。買いの流れが意識されており、上値を拡大する展開となっています。やや荒い動きとなっており、先行きに対する警戒感も意識される状況となりつつありますが、ビットコイン現物ETFへの資金流入が意識される中で買い意欲も根強く、堅調地合いが維持される局面となっています。また、米株の上昇や米国債利回りの低下なども下値を支える要因となっています。一方、BTC/JPYも上昇基調となっています。ただ、USD/JPYが150円を割り込む動きとなったことでやや上げ幅を抑えられています。

BTC モーニングレポート – 2024.2.29

昨日の暗号資産市場はビットコインが大幅続伸となって推移しています。一時64,000ドル台突破寸前まで上昇する流れとなっており、急激に上げ幅を拡大する展開となっています。ただ、米株の上値が抑えられたことなどを眺めてポジション調整の動きが意識され、上げ幅を縮小する展開となっています。ただ、直近の上昇基調を受けて投資家がレバレッジを高めているといった報道もあり、強気相場をサポートする一方でピークが近いのではないかといった見方も強まる状況となっています。一方、BTC/JPYも大幅上昇となっており、9,000,000円を突破する動きとなっています。

BTC モーニングレポート – 2024.2.28

昨日の暗号資産市場はビットコインが大幅上昇となって推移しています。米ソフトウェア会社のマイクロストラテジーがビットコインを追加購入したといった報道が流れたことで買い意欲が強まる展開となり、2021年12月以来の高値に上昇する展開となっています。ただ、買い一巡後は米株の上値の重い展開や米国債利回りの上昇などを受けて小幅に下落する流れとなっています。また、BTC/JPYも上値を拡大する展開となっています。

BTC モーニングレポート – 2024.2.26

先週末の暗号資産市場はビットコインが下落しての推移となっています。金曜日に調整の動きが意識されて下値を拡大する展開となりました。しかし、土・日曜日に持ち直す動きとなり、下げ幅を縮小しています。ビットコイン現物ETFへの資金流入や半減期に対する期待感が意識されて下値が支えられているものの、ポジション調整の動きが意識されて上値が抑えられています。方向感の見えにくい流れとなっており、狭いレンジでの動きが意識されています。一方、BTC/JPYもやや上値の重い展開となりましたが、土・日曜日に買い戻される動きとなっています。USD/JPYがほぼ変わらずでの引けとなったことでBTC/USDにつれる動きとなっています。

BTC モーニングレポート – 2024.2.23

昨日の暗号資産市場はビットコインが上昇しての推移となっています。米株が大幅上昇となったことでリスク志向の動きが意識されており、ビットコインも買い意欲が強まる展開となりました。半減期に向けて買われやすい地合いとなっており、底堅い動きが維持されています。ただ、積極的に上値を拡大する展開にはなっておらず、様子見ムードが広がっている状況となっています。また、BTC/JPYも買い戻しの動きが意識されており、しっかりとした動きが展開されました。

BTC モーニングレポート – 2024.2.22

昨日の暗号資産市場はビットコインが小下落しての推移となっています。ポジション調整の動きが強まる中で下げ幅を拡大する展開となっています。米FOMC議事要旨が公表され、当局は利下げを急いでいない姿勢が示されると米国債利回りが上昇する展開となり、リスク回避的な動きが意識さされました。ただ、米株はダウがプラス圏に浮上するなど買い戻しの動きも見られており、ビットコインの先行きに対する警戒感も若干和らぎました。また、BTC/JPYも軟調地合いとなって引けました。

BTC モーニングレポート – 2024.2.21

昨日の暗号資産市場はビットコインが小幅に上昇しての推移となっています。ただ、大きな動きにはなっておらず、様子見ムードが強まる展開となっています。米国市場がプレジデンツデーのため休場となったことで方向感の見えにくい流れとなりました。BTC/JPYも小幅に上昇しての推移となっています。

BTC モーニングレポート – 2024.2.20

昨日の暗号資産市場はビットコインが小幅に上昇しての推移となっています。ただ、大きな動きにはなっておらず、様子見ムードが強まる展開となっています。米国市場がプレジデンツデーのため休場となったことで方向感の見えにくい流れとなりました。BTC/JPYも小幅に上昇しての推移となっています。

BTC モーニングレポート – 2024.2.19

昨日の暗号資産市場はビットコインが小幅に下落しての推移となっています。ビットコイン現物ETF上場を受けて機関投資家からの買い意欲が根強く、一時52,000ドルを突破する展開となりましたが、ポジション調整の動きから上値を抑えられています。ただ、米株の上昇やドルインデックスの下落など、ビットコインの下値を支える流れとなっており、積極的に売り込む流れにはなっていません。また、BTC/JPYもポジション調整の動きから小幅に下落しての推移となっています。

BTC モーニングレポート – 2024.2.16

昨日の暗号資産市場はビットコインが小幅に下落しての推移となっています。ビットコイン現物ETF上場を受けて機関投資家からの買い意欲が根強く、一時52,000ドルを突破する展開となりましたが、ポジション調整の動きから上値を抑えられています。ただ、米株の上昇やドルインデックスの下落など、ビットコインの下値を支える流れとなっており、積極的に売り込む流れにはなっていません。また、BTC/JPYもポジション調整の動きから小幅に下落しての推移となっています。

BTC モーニングレポート – 2024.2.15

昨日の暗号資産市場はビットコインが大幅上昇となって推移しています。再度50000ドルを回復し、さらに上値を拡大する展開となっています。ビットコインの先行きに対する期待感が強まる一方、米株の上昇や米国債利回りの低下に伴うドル安などに支えられる流れとなっています。ビットコイン現物ETFへの資金流入への期待感は根強く、買い優勢の展開が継続しました。また、BTC/JPYも買い意欲を強め、8,000,000円を目指す展開となっています。

BTC モーニングレポート – 2024.2.14

昨日の暗号資産市場はビットコインが上値を抑えられる展開となっています。上昇基調が一服し、調整の動きが意識されて50,000ドルを割り込んでいます。米国のCPIが市場予想を上回ったことを背景に早期利下げ観測が後退し、米国債利回りやドルインデックスが上昇したこと、米株が大幅下落となったことでリスク回避的な動きが意識され、ビットコインに対する売り圧力が強まりました。一方、BTC/JPYはプラス圏での推移となっています。USD/JPYが大幅上昇となり、150円台を回復したことなどを受けて下げ渋る動きが展開されています。

BTC モーニングレポート – 2024.2.13

昨日の暗号資産市場はビットコインが続伸し、上値を拡大する展開となっています。年初来高値を更新して、2021年12月以来の50000ドルを突破する動きとなっています。ビットコイン現物ETFへの資金流入が好感される展開が継続しており、半減期に対する期待感も維持されています。NY連銀3年インフレ期待率が低下したことで早期利下げ観測が強まる流れとなり、ドルインデックスが上げ幅を縮小したこともビットコインの下値を支える流れとなっています。また、BTC/JPYもしっかりとした動きが展開されています。

BTC モーニングレポート – 2024.2.12

先週末の暗号資産市場はビットコインが続伸し、上値を拡大する展開となっています。買いの流れが継続しており、年初来高値に迫る水準となっています。ビットコインは48,000ドルを回復しており、買い優勢の流れとなっています。ビットコイン現物ETFへの資金流入が好調で、さらに半減期を控えていることもあって先行きに対する期待感が強まる状況となっています。米国の早期利下げ観測の後退などが上値を抑える場面もありましたが、米経済の足元がしっかりとしており、ビットコインもプラス圏での動きを維持しています。また、BTT/JPYもしっかりとした動きで7,000,000円を突破しての推移となっています。

暗号資産の総時価総額

暗号資産の総時価総額は、市場に存在する全ての暗号資産の合計価値を指します。この数値は、各暗号資産の現在価格と流通している総量を掛け合わせたものの総和で算出されます。暗号資産の総時価総額は、市場全体の規模、健全性、および成長の度合いを把握するための重要な指標とされています。

BTC モーニングレポート – 2024.2.9

昨日の暗号資産市場はビットコインが大幅続伸となって推移しています。買いの流れが継続する展開であり、上値を拡大しています。依然としてビットコイン現物ETFへの資金流入が意識されており、価格を押し上げています。アルトコインに対する買い圧力の強まりもビットコインへの買いを強める展開となっています。米株がプラス圏に浮上しての引けとなったことやドルインデックスの上値が抑えられたことも好感されました。また、BTC/JPYもUSD/JPYの上昇を背景に上値を拡大しての推移となっています。

BTC モーニングレポート – 2024.2.8

昨日の暗号資産市場はビットコインが上値を拡大しての推移となっています。ブラックロックのビットコイン現物ETFに対する資金流入が米国のETF商品全体でも上位となるなど、注目度が高まっています。グレースケールの流出も落ち着いてきており、先行きに対する警戒感が後退する展開となっています。また。ビットコインは半減期を控えており、期待感も価格を押し上げる流れとなっています。また、BTC/JPYもしっかりとした動きで上値を拡大しています。

BTC モーニングレポート – 2024.2.6

先週末の暗号資産市場はビットコインが小幅に下落しての推移となっています。米雇用統計が市場予想を上回ったことで米国の早期利下げ観測が後退する中、米国債利回りの大幅上昇やそれに伴うドルインデックスの上昇などが上値を抑える展開となりました。しかし、米株が売り一巡後にハイテク銘柄を中心に上値を拡大する展開となるとダウもプラス圏に浮上する展開となり、ビットコインもリスク志向の動きが意識される中でつれ高となり、金曜日は陽線での引けとなりました。ただ、土・日曜日は調整の動きが意識されて上値を抑えられました。全体的にはビットコイン現物ETFの上場後の乱高下する動きが一服し、様子見ムードが強まる展開となっています。また、USD/JPYが大幅上昇となる中でBTC/JPYも買い意欲が強まる流れとなり、金曜の朝の価格から上昇しての推移となっています。

BTC モーニングレポート – 2024.2.5

先週末の暗号資産市場はビットコインが小幅に下落しての推移となっています。米雇用統計が市場予想を上回ったことで米国の早期利下げ観測が後退する中、米国債利回りの大幅上昇やそれに伴うドルインデックスの上昇などが上値を抑える展開となりました。しかし、米株が売り一巡後にハイテク銘柄を中心に上値を拡大する展開となるとダウもプラス圏に浮上する展開となり、ビットコインもリスク志向の動きが意識される中でつれ高となり、金曜日は陽線での引けとなりました。ただ、土・日曜日は調整の動きが意識されて上値を抑えられました。全体的にはビットコイン現物ETFの上場後の乱高下する動きが一服し、様子見ムードが強まる展開となっています。また、USD/JPYが大幅上昇となる中でBTC/JPYも買い意欲が強まる流れとなり、金曜の朝の価格から上昇しての推移となっています。

BTC モーニングレポート – 2024.2.2

昨日の暗号資産市場はビットコインが上昇しての推移となっています。一時下げ幅を拡大する場面もありましたが、米国の新規失業保険申請件数が市場予想を下回ったことで早期利下げ観測が意識される展開となり、米国債利回りの低下やドルインデックスの下落、米株の上昇などが意識されてビットコインも買い戻される展開となりました。ビットコインは対円でも上昇しましたが、ドル/円が下落したことで上げ幅は限定的なものとなりました。

BTC モーニングレポート – 2024.2.1

昨日の暗号資産市場はビットコインが下落しての推移となっています。ADP雇用統計が市場予想を下回ったことを受けて早期利下げ観測が意識される展開となり、ビットコインも買いの流れが意識される場面もありました。しかし、FOMCやパウエルFRB議長の発言を受けて早期利下げ観測が後退する中で売り圧力が強まりました。ビットコインは調整の動きも意識され、上値を抑えられました。また、USD/JPYが軟調地合いとなったことでBTC/JPYも下げ幅を拡大しました。

BTC モーニングレポート – 2024.1.31

昨日の暗号資産市場はビットコインが上昇しての推移となっています。JOLT求人件数が市場予想を上回ったことなどを受けて足元の米経済に対する警戒感が後退し、リスク志向の動きが意識されています。ただ、早期利下げ観測が後退する中で米短期債利回りが上昇しており、調整の動きが意識されました。ただ、米国債利回りは上昇一服後、下落基調を強めており、長期債利回りを中心にマイナス圏での推移となり、ドルインデックスも下落しての推移となっています。ビットコインは堅調地合いが維持される流れとなり、プラス圏での推移を維持しています。

BTC モーニングレポート – 2024.1.30

昨日の暗号資産市場はビットコインが上昇しての推移となっています。米国のFOMCや雇用統計を控えて様子見ムードが意識される場面もありましたが、米株の上昇や米国債利回りの低下などが意識されて上値を拡大する展開となっています。39,000ドル割れの水準から買い戻しの動きが強まる流れとなっています。グレースケールのビットコイン現物ETFの売りが一巡したとの見方から買い安心感が広がり、上値を拡大しています。また、BTC/JPYも上昇していますが、円に対する買い意欲が強まっていることで上げ幅は縮小しました。

BTC モーニングレポート – 2024.1.29

先週末の暗号資産市場はビットコインが金曜日に大きく持ち直す動きとなっています。対ドルで40,000ドルを回復し、対円で6,000,000円を回復しています。土曜日は小幅続伸となったものの、日曜日が小幅に下落する流れとなりました。急激な買い戻しの動きが展開されました。米PCEデフレーターを受けてインフレに対する警戒感が後退し、早期利下げ観測が意識される流れとなっています。グレースケールのビットコイン現物ETFの売りが一巡したのではないかといった期待感も相場を押し上げる要因となり、上値を拡大する流れとなりました。

レイヤー2とサイドチェーン

レイヤー2とは主にブロックチェーンのスケーラビリティ問題を解決するために開発された技術です。レイヤー1はビットコインの基本的なブロックチェーン自体を指し、レイヤー2はその上に構築された追加のプロトコルやソリューションを指します。

レイヤー2の主な目的は、トランザクションの処理速度を向上させ、手数料を削減することにあります。これにより、ビットコインネットワークはより多くのトランザクションを効率的に処理できるようになります。

BTC モーニングレポート – 2024.1.26

昨日の暗号資産市場はビットコインが上昇しての推移となっています。大きな動きにはなっていませんが、買い戻しの動きが維持される展開となっています。米GDP速報値が市場予想を上回ったことやコアPCEが市場予想通りだったことなどを背景にダウが上昇し、米国債利回りが低下する流れとなったことでビットコインの下値を支えました。ただ、ドルインデックスも上昇しており、上値を抑えました。目先はやや方向感の見えにくい流れとなっています。また、BTC/JPYもしっかりとした動きとなっています。

BTC モーニングレポート – 2024.1.25

昨日の暗号資産市場はビットコインが持ち直しての動きとなっています。ドルインデックスの上値が抑えられたことなどを背景に、買い戻しの動きが意識される展開となりました。ただ、米5年債入札が不調となり、米国債売りが強まる中でドルインデックスも下げ幅を縮小しており、ビットコインも上値を抑えられました。プラス圏での推移とはなっているものの上値の重さも意識されており、ここから戻り基調を維持できるかに注目です。また、USD/JPYが低下したことでBTC/JPYも上値の重い展開となりました。

BTC モーニングレポート – 2024.1.24

昨日の暗号資産市場はビットコインが続落しての推移となっています。40000ドルを割り込んでの推移となっており、売りの流れが継続する展開となっています。ビットコイン現物ETFが上場したことに伴う事実売りの流れが維持されていることに加え、買い方の手仕舞いなどが売り圧力を強める展開となっています。一方、BTC/JPYはUSD/JPYの堅調地合いを眺めて下げ渋る展開となっています。ただ、全体的に暗号資産市場に対する売りの流れが意識されており、先行きに対する警戒感が強まる状況となっています。